*

中高年の為のスマホ入門 その1「料金」

公開日: : 最終更新日:2013/12/08 中高年の為のスマホ入門

docomoで言うと、スマートフォン(スマホ)は大きく以下2つに大別されます。

概略

1.Xi(クロッシィ)
(1)すべてスマートフォン(スマホ)

(2)電波が、下記FOMAより早い。

(3)すべてSPモード。
SPモード:スマートフォン向けプロバイダ(ISP)です。

(4)対応機種
http://www.nttdocomo.co.jp/service/provider/spmode/compatible_model/index.html

2.FOMA
(1)スマートフォン(スマホ)とガラゲー
*ガラゲー: 「ガラパゴス・ケータイ」の略。世界のモバイル・IT事情を知ってか知らずか、
日本独自の進化を遂げた日本製の携帯電話のこと

(2)スピードが遅い。(SPモードに比べて)

(3)安い

価格

1.Xi(クロッシィ)
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/

2.FOMA
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/

自分で使ってみて料金についての所感

ガラゲーの時は6,7千円。スマホにすると1~1.2万円 という感じでしょうか。
*購入時、2年のローンでスマホを買ったため2384円が毎月請求されます。

下が、僕に2012.5にきた請求書です。

*金額はすべて税抜き表示
*見づらい時は、ダブルクリックしてください。

1.Xi(クロッシィ)の基本料:743円

2.通話料:1522円(この部分だけが変動します)

3.パケットし放題の料金:4200円
(スマホだとこれ以外選択肢がありません。)
*2012.5から5985円に値上げになります。

4.その他のご利用料:保険などです。
(結局必要になります。)

5.端末等代金:2384円(電話機自体を購入する際、2年ローンで買いました。)

docomoの報道について

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2012/05/16_00_2.html

店員:「発表があっただけで、いつ実施されるか、どんな電話機に対応してか
わかりません」
との事。

例えば、ios対応機を出す、とdocomo社長が2011.10に報道会見しています。
未だに出ておりません。

 

 

*このページはすべて2012.5.22時点のdocomoについて記述しています。

以下の記事が最近発表されています。

ドコモ、「らくらくスマートフォン」を発表
ドコモ、「らくらくスマートフォン」と「らくらくパケ・ホーダイ」

 

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

プレースホルダ(プリペアド・ステートメント)で2つのテーブルを比較するときの注意

これは、自分のメモです。(自分の勉強用フォルダren/ren112.p

@file_get_html($address)でもエラーになる

これは、僕のメモです。これは、僕のメモです。  

simple_html_dom.phpがおかしい

僕のメモです。 原因不明ですが、スクレイピングをsimple_h

MYSQLのコマンド入力で「;」セミコロンを入力し忘れた時抜け出す方法

これは僕のメモです。   MYSQLのコマンド入

MySQLのコマンドプロンプトでのバックアップとリストア

これは自分のメモです バックアップ 1.管理者 で コマンドプロン

→もっと見る

PAGE TOP ↑