*

今日発売のWindows8をインストール その3–とりあえずわかった変更点

公開日: : 最終更新日:2013/01/08 Windows8 , ,

1.公表通り、起動時間が著しく早くなった。
(45秒→22秒 実測値)
これは、ハード構成を初期化するのをやめたからだと思います。
ハードを変えたとき、どうなるのか、今後の課題。(とりあえずUSBさしっぱなし、やってみます)

ハードを変えた時は、
電源オプションのシステム設定に
「高速スタートアップを有効にする」という項目があるので、
これを無効化するしかないのではないか。

2.Windows To Go がスゴイ(と思う)
USBもしくはUSBハードディスクにWindows8をインストールし、そこから起動できる。
*客先で使っていいか、セキュリティ上無理、とも思えるが便利。
(大きな会社の社内だと威力を発揮するのでは。ライセンス上もMS社が認めている)
ただし、最上位のEnterpriseだけにしか、この機能ついていません。

3.Microsoftアカウントが事実上必須になった。
「Windowsストア」が導入されて、事実上必須に。
iOSの「Apple ID」やAndroidの「Googleアカウント」
と同じようなものだと思えばいいのではないか。

4.ファイルコピーマネージャーが便利(すっきりした)
複数のファイルをコピーする時に、これまで複数のウインドウが表示されたが、Windows 8では、
1つにまとめられる。&コピーの状況がグラフィカルにわかる。

5.ウイルスソフトが標準になった。
”Windows Defender”の中に、”ウイルスおよびスパイウェアの定義”という項目が含まれている。
ただ、あくまでMS社のサイトでは”簡易的なアンチウイルス機能”と明記されています。

6.Windows 8ではDVDが再生できない。
以前から聞いていたが、実際動画部分が再生されなかった。
(音だけ再生された。)
個人的には、別のソフトいくらでもあるんで、むしろ嬉しいです。

7.心配
ブートマネージャーが登場し、ブートがGUIで管理で来てしまうようです。
逆に、本来のブート管理ができるのか心配。

1.今日発売のWindows8をインストール その1–MSDNダウンロード

2.今日発売のWindows8をインストール その2–インストール

3.今日発売のWindows8をインストール その3–とりあえずわかった変更点

 

スポンサーリンク

関連記事

今日発売のWindows8をインストール その1–MSDNダウンロード

msdnからダウンロードしてインストール 1.発売は今日2012.10.26だが、msdn会員

記事を読む

Windows7と8をデュアルブートにする方法

1.2台のディスクを並列につないでも、デュアルブートにはなりません。 起動するたびにBootを操作

記事を読む

今日発売のWindows8をインストール その2–インストール

1.インストールするパソコンのスペック (スペックの画面が見えない時は、ダブルクリック

記事を読む

Windows8.1システム修復ディスク(USBメモリ)によるシステム回復

これは、僕のメモです。 F12 キー を押しながら 起動 (この場合、DELLのパソコン

記事を読む

プレースホルダ(プリペアド・ステートメント)で2つのテーブルを比較するときの注意

これは、自分のメモです。(自分の勉強用フォルダren/ren112.p

@file_get_html($address)でもエラーになる

これは、僕のメモです。これは、僕のメモです。  

simple_html_dom.phpがおかしい

僕のメモです。 原因不明ですが、スクレイピングをsimple_h

MYSQLのコマンド入力で「;」セミコロンを入力し忘れた時抜け出す方法

これは僕のメモです。   MYSQLのコマンド入

MySQLのコマンドプロンプトでのバックアップとリストア

これは自分のメモです バックアップ 1.管理者 で コマンドプロン

→もっと見る

PAGE TOP ↑